安全で快適なトイレリフォームのプランニング

subpage01

トイレリフォームの基本は毎日、複数回使うものだからこそ、いつでもすぐにという安心感を生み出すことが大切になります。


畳1畳分の広さでも長手方向に引き戸にするようなトイレリフォームを行えば、廊下部分を利用することができるので、4分の3坪程度なくても介助が可能です。



3枚引き戸なら介助の際に、どちらからも開閉できるので便利ですし、ホテルの部屋のようにベットからドアひとつでトイレにつながるのが理想ですから、寝室の押し入れやクローゼットをトイレに替えるというのも一案になります。



そして、トイレリフォームでは基本のL字型の手すりは横手すりは座るために、縦手すりは立ち上がるために設置し、便器はコンパクトな全自動トイレがよく、ペーパホルダーは片手でカットできるものを選択することで、高齢者にもやさしいつくりにすることが可能です。手洗いカウンターを設置するのなら、大きめの洗面器で車いすでも楽々使えるようにしておくと後々便利になります。
近年では高齢や介護が必要になってからも楽に使えるトイレが多数開発されていて、トイレでの着座や立ち上がりをサポートする跳ね上げ式の手すりがついたものやすっきり収納を実現したシステムトイレ、タンクレスで疲れにくい新型形状便座を採用したものなど様々です。



ほかにも、立ち座りを補助するトイレリフトつきのものなどもあります。



また、大型セラミックパネルでヒーター一体型なら、優しく足元を温めてくれる上に、汚れもひとふきなので、お手入れも簡単です。



このように使い勝手とお手入れのしやすさなどバランスも考えながら、自分の機能にあったものを選び快適なトイレをプランニングしていくことが重要です。



関連リンク

subpage02














トイレリフォームビジネスを検討されている方へ

トイレリフォームのビジネスを検討されている方へのアドバイスになります。トイレビジネスは正直、綺麗なビジネスとは決して言えませんが魅力あるビジネスと思います。...

NEXT
subpage03














平均5分は座るトイレリフォームでくつろぎ空間へ

トイレで過ごす平均時間は男性でも5.6分、女性では4.1分といわれています。そして4分の1以上の人がトイレで新聞や本を読んでいるというデータもあるのです。...

NEXT